庶民にとってデータベースとはどのような存在なのか

普段コンピューターの話になると、主にハードウェアや事務系のアプリケーションをいかに操るかといった話題になることが多いように感じます。

そんななかでも、ワープロや表計算ソフトについて語られることはあってもデータベースとなると一般的には関心が薄いようです。

私なども、PCの知識は人並み以上にあるつもりですが他人から相談されるのはWindowsの基本操作やMS_Excelについてのことばかりでデータベースの話題はほとんどありません。
世の中PCと言えばExcelのことなのかと少々考えさせられるほどです。

そもそもデータベースとは何なのか?

単にデータベースと言えば、その詳細は知らなくても言葉では聞いたことがある。別に詳しく知ろうとも思わない。

多くの人がデータベースと聞いて感じる印象はそんなものでしょう。

ただし、一度でもデータベースの利便性に気づく場面に遭遇できれば意識は変わるはずです。

コンピュータ関連の用語であることは知っている

データベースという言葉自体を知らないという大人は割と少数派であることは間違いないでしょう。しかし、データベースとは何かと問われたとき正確に答えられる人は多くはありません。

情報関連の用語であることは知っているが、主に何のことを指すのかについては関心がないというのが世間的なデータベースの立ち位置なのは間違いないようです。

データベースの一般的な捉え方

データベースのイメージに似ているお菓子

情報関連のサイトでよく見かけるデータベースを表す図形やアイコンは写真のお菓子のような見た目です。

データを格納しているディスクを重ねたイメージですね。
辞書などによればデータベースとは「情報機器を用いて人が利用しやすい形で整理したデータの集まり」とかそういった表現をしています。

ものによっては「有機的に整理…」とか言われていますが、意味合いを考えれば甚だ無機質なものであるのは間違いないでしょう。

簡単に言うならば、電子的な情報を利用しやすいように整理して格納してるものがデータベースであると言えます。

ポイントは「人が利用しやすいように整えられている」ということです。

表計算ソフトでまとめられたデータは、整理はされていますが万能な用途に整えられているわけではありません。
ある特定の社員や顧客へ分かりやすく綴った特定の情報でしかなく、後々別な用途に使うには補足や修正をともなうもので、そこがデータベースとは異なります。

一方データベースが人へ吐き出すデータは、必要な数値の羅列であったり固有名詞であったりと単純なものが多いです。

これが役立つのはリアルタイムに答えだけが欲しい場合です。
ワープロや表計算に多いグラフなどの補足や解説は二の次な場面ではデータベースを活用した方が便利なわけです。

データベースを知ることで広がる世界

日々繰り返されてきた単純な仕事の記録から、その事象が発生したのは何時だったのか、あるいは収益や支払いがいくらだったのか時刻や数値だけを知りたい場合、あるいは取引の相手が誰だったのかという人の名前だけを瞬時に引き出したいときデータベースシステムが役に立ちます。

ここで私がいくら熱く語っても実際にデータの引き出し方の手法に触れて体験してみないことには理解はしにくいかもしれません。

事実、私もその手の話を同僚にしても関心は持っていただけないのが状況です。

データベースというのは、物を変え形を変えそれ自信が大きな付加価値を持っているとも言えます。
それが、データベースを独自に構築する習慣が世に広まらない原因かもしれません。

多くの会計ソフトや宛名を印刷するために特化した住所管理ソフトなどはデータベースアプリケーションの要素を多く含んでいます。
それらを開発・販売することは大手のソフトウェア会社にとっては利益につながるものです。

そう考えると、特定のノウハウを世に知らすより、そのノウハウを飯の種として利益を捻出した方が業界にとっては美味しい訳であって、それがデータベースが世に広がらない理由かなと勝手に想像してしまいます。

データベースの仕組みは、基本を身につけ順立てて学んでいけば難しいものではありません。
自前でデータベースを構築し利用することで得られる利益を体感できればPCはデータベースを活用するために使うものと考えることができるようになるでしょう。

大げさかもしれませんが、データベースシステムの多様性は表計算の比ではないとさえ思います。

欲しいデータは個人によって異なる

情報化社会といわれ久しい現代ではありますが、未だ情報は個人に特化しているとは言い難いです。

独自の経験や知識を情報として積み重ね自ら利用していくことはデータベースシステムの本来の狙いであると言えることでしょう。

ハードウェアが著しく進化する世界の中で、SQLデータベースというものが古くならないのは、それを活かすことで開ける未来が多く残っているからにほかなりません。

そして、データベースそのものに興味を持ち自ら必要なデータを活かしていくことができれば、その人自身にとって多くの希望を満たしてくれる可能性が広がることでしょう。

正規化された URL:

 

データベース(DBMS)の学習に必要なもの

MySQLやMariaDBなどのDBMSとはどんなものなのか、サーバー構築からアプリケーションでの利用まで初歩的な実習にはどんなものが必要なのでしょう。

初心者がデータベースの実習に必要な物を「ハードウェア」「ソフトウェア」にわけてまとめてみました。

データベースの実習環境に必要なもの

データベースの基礎的な知識を得るためには、データベースサーバーの仕様や果たす役割、それとクライアントPCでの活用方法を知ることが重要と考えます。

データベース用のサーバーといっても、目的が学習用なので複数のクライアントに接続するわけではないので本格的なサーバーマシンではなく低スペックなパソコンで十分です。

大雑把には考えればサーバー用とクライアント用の2つのPCとそれを接続するネットワーク環境があれば、DBMSの基本知識を理解するには充分でしょう。

ハードウェア

上に書いたとおりパソコン2台の他に準備しなければならないのが、この2台を接続するためのネットワーク環境です。セキュリティー環境を整備していない学習用のデータベースサーバーを既存のネットワーク(家庭や事業所など)へ接続するのは危険です。

また、学習のためにネットワークを別途整備するためハブを購入するのも大変ですので「クロスLANケーブル」を使えばサーバーとクライアントを簡易的なネットワークとして接続できます。

【必要なハードウェア】

  • サーバー用PC
  • クライアント用PC
  • クロスLANケーブル

※PCは2台とも有線LANポートを装備しているもの

このサイトで実践しているようにSentOSをサーバーOSとしてインストールするならば、サーバー用PCのスペックはWindows10が動作する最低スペックで充分です。

クライアント用のPCも同等のスペックで充分でしょう。ネットワークの知識がある方ならセキュリティーが確保されている端末を用い既存のパソコンで実習は可能ですが、その際はあくまでも自己責任で接続することになります。

クライアント用のOSにはWindows10がお勧めですが(Accessを導入したい場合は必須)、知識がある方は同じくCentOSなどのLinux(アプリケーションでの検証はLibreOfficeなど)で代用可能です。

ソフトウェア

続いてソフトウェアですが、サーバーOSとクライアント用OS(Windows)が必要なのと、動作検証につかうデータベース用アプリケーションが必要になります。

また、DBMS(MySQL)の環境設定用としてphpMyAdminがあればデータベースの操作が簡単ですので、サーバー構築の際に適合するバージョンをダウンロードすればよいでしょう。

【必要なソフトウェア】

  • サーバーOS(CentOSなどをダウンロード)
  • WindowsOS(通常はパソコンに付属)
  • phpMyAdmin(サーバー構築時にバージョンを選定)
  • クライアント用アプリケーション(LibreOffice、Accessなど)

この中で、WindowsOSとAccessは新規に揃えたい場合に費用がかかります。

クライアント用のWindowsについては、PCを中古で調達した場合でもまず付属しているので問題ないと思われます。

Accessについては価格も高価ですので、とりあえずLibreOfficeのDaseなどを体験してみて、データベースの必要性や導入用途が明確になってから試してみるほうが良いでしょう。

 

今回とりあげたデータベースを実習する際そろえておきたいものは、DBMSとはどんなものかを簡単に実証してみたい方向けに当サイトがまとめたものです。

これでデータベースサーバーを構築してみたらもっと別なシステムを組みたくなった、または、もっと上級の知識を習得したいといった場合には別途ハードウェアやソフトウェアが必要になってきます。

ロータスApproachというアプリケーション

LotusApproachはWindows95-98が主流OSだった頃ロータス123で有名だったLotus社が開発販売していたデータベースソフトウェアです。

当時は、まだパソコン自体が普及し始めということもあり市販ソフトとしては注目を浴びるものではありませんでした。

20年前のソフトウェア

今、手元にあるロータスApproachは「LotusSuperOffice2001」という統合ソフトに付属していたもので2000年前後に購入したものです。

もう約20年以上前のソフトウェアということになります。

LotusSuperOffice2001はLotus社オフィスアプリケーションソフトで、ワープロ、表計算、スケジュールなどのアプリケーションと一緒にデータベースを扱うアプローチも含まれていたという内容でした。

中でも、表計算を扱う「Lotus123(ロータス123)」はMS-DOS時代に人気があったソフトウェアで、ワープロはジャストシステムの一太郎、表計算はロータスの123という組み合わせで使用されるケースも多かったのではと思います。

私の周りでは、MicrosoftのWord、Excelは少数派というか存在自体も知らず、Microsoftと言えばOSとコンパイラくらいなイメージでした。

そしてApproach単体での認知度は、そのWord、Excel以下だったことは確かでしょう。

Accessより初心者向け

そんなソフトウェアとしてはマイナーな存在だったApproachを使い始めたきっかけは、コンビニで安価に購入できたLotusSuperOffice2001にバンドルされていたことからでした。

Lotus123はしっているけどデータベースソフトのアプローチってのは何なのだろう?となったわけです。

データベースソフトウェアといえば、データベースを処理するためのアプリケーションなわけで、いかにもコンピューターのソフトとしては玄人っぽい何かを期待してしまいました。

いざ、興味を持ってフィールドやテーブルなどの作成、設定などをしていくとデータベースの基礎が自然につかめてきます。

使い始めて分かってきたのは、データの抽出という意味ではExcelなどより優れていて抽出結果をユーザーが利用しやすい形式に表示が可能であるということでした。

おそらく、一般に市場に出回った数からすればこのバージョン(LotusSuperOffice2001以降最新版を見かけなかった)が最終ではないかと思いますが、当時のApproachにはマクロの記録といった記録も搭載されており、マウス操作のみで簡単なマクロの記述(記録)が可能でした。

たしか、SQLにも対応しODBC接続も可能ではなかったかと記憶しています。

このApproachによりデータベースに興味を持ち、Accessに手を出しましたが全く持って難解すぎたのは私にとっても例外ではありませんでした。

Accessの場合データの検索し印刷するまでの基本機能でさえ、Approachに追いつくのに自分でマクロを記述(VBAから理解する?)する必要があるようです。

Windows10で動作可能?

このLotusApproachを職場でタスク管理のような使い方を10年ほどしましたが、Windows2000、WindowsXPでは安定して動作、Winodws7でも何回か途中で落ちたことがありましたが、それで使用を止めるほどの不便さも感じることなくWindows10の時代へ突入。

WindowsOSを数世代にわたって乗り越え、Windows10でも致命的な不具合がないというのが私個人の感想ではあります。

しかし、度々訪れるWindowsアップデートによりいつ起動しない日が来るのか分からない不安からいつしか起動させる回数も減り今はリブレオフィスの「Base」へ移行を進めています。

Approachというデータベースアプリケーションは、複雑なデータベースの知識を必要とせずにユーザーのデータ処理を手助けしてくれる存在であったと考えています。

導入しやすいからといって、フリーのカード型データベースほどの簡易さも感じられず姿を消してしまったのが勿体ないほどです。

Lotusは何故「123」が順調な内にApproachをもっと売り込んでくれなかったのでしょう。

データを容易く整理するという目的では圧倒的に表計算のExcelより優れていると言えば言い過ぎなのでしょうか。

できれば今の時代に思い出したようにApproachの新しいバージョンを出してほしいと熱望しています。

樹脂プレートを重ねただけのRaspberry_Piケースが格好良い

当サイトでは、Linux上でMariaDBなどのDBMSを操作させるためのハードウェアにRaspberry_Piを使って楽しんでいます。

ちょっとした動作をさせるだけならケースすら要らなそうなRaspberry_Piですが面白そうなものを見つけてしまいました。

樹脂板を重ねただけのケース

ネット上でRaspberry_Pi用のケースを選んでいると透明だったり、CPUクーラーが付いていたり、或いはアルミ製だったりと様々な製品があります。

中でも個性的で目を引くものに黒と透明のプラスチック板を重ねただけのケースというよりハーフカバーとでも言えそうな物があり面白そうなので使ってみることにしました。

おもしろケースの構成部品

今回購入したのはRaspberry_Pi3_ModelB用として販売されて要るものです。

Raspberry_Piケースの箱を開封

購入したケースの中身を開けると上下が透明、その下と上に黒、真ん中に白の樹脂プレートが入っています。

小さな袋に入っているのは、重ねたプレートを固定する細いネジと小さな長ナット、それからヒートシンクが二つと銅製と思われる放熱プレートが入っていました。

ほかに説明書の類は見あたりません。

箱に入っていた順に重ねる

裏に銅板を貼り付ける

最初に一枚だけは入っていた銅の板を基盤の裏のチップに張り付けました。

Raspberry_Piの下に2枚のプレート

説明書が入っていないと言うことは、箱に入っていた順番そのままで重ねてみれば大丈夫かと考え、その通り一番下透明のプレートその次に黒のプレートを重ねRaspberry_Piを載せてみると丁度良い感じです。

基盤に接する上部に白い枠を入れる

次にRaspberry_Piの基盤のすぐ上に一枚だけ色の違う白の枠を載せます。この一枚だけはプレートと言うより枠といった感じです。

放熱性を確保するためには密着させない方が良いと意味でしょう。

ただ、実用的な用途にはもっとしっかりしたケースが良いのは確かですね。

残りを全部重ねてヒートシンクを入れる

次に残りの黒と透明のプレートを重ねてしたからネジを通し上を長ナットで固定します。

プレートを全部重ねてから二つのヒートシンクをピンセットを使い入れましたが、こうした方が後の分解と組立の際にヒートシンクがプレートに干渉することが防げると考えました。

ヒートシンク二つと銅板は両面テープ状の接着物がついているので紙をはがしてCPUとチップに貼り付けるだけです。

ケースの組立が済んだRaspberry_Pi

ケースの完成画像

完成すると画像のようなスタイルのRaspberry_Pi3_Model_Bができあがります。

ケース裏面の様子

裏面はわりと地味な感じです。半田付けされている電子部品の足が当たる場所の黒プレートはくり抜かれています。

なお、上下の透明プレートには保護用のビニールが貼られているのでそれを剥がすとより見栄えが良くなると思います。

スポンサーリンク
 

基盤好きのRaspberry_Piの楽しみ方

HDMIとmicroUSBポート

側面はHDMIとmicroUSBポートを樹脂板で挟み込むだけのシンプル構造です。

LANと4つのUSB

有線LANポートと4つのUSBポートだけは大きく剥きだしのままになりますがこれもなんとも言えない格好良さです。

microSDスロット

microSDカードのスロットもこの通り開放されています。

電子工作を趣味にしている人や弱電に興味がある人の中には基盤好きの人がいると思いますが、自分の場合もどちらかというとそういった趣向が強いです。

いわゆる基盤フェチ的と言っても良いほどの人にはこの手の開放部の多いケースが好まれるのではないでしょうか。

このケースの場合、組み立てた後に見えるのはヒートシンクにIOポート類と端子部分ですが、こうした金属部分だけの露出だけでも美観みたいなものを感じます。

悪く言えば中途半端な仕上がりですがそれが逆に魅力です。動作していない時間でもコーヒーの時間に観賞用に眺めたり部屋の飾りにできそうな気分です。

ちょっと風変わりな思考ですが、こうした趣味を持つ私もきっと分解系の発展型なのでしょう。