庶民にとってデータベースとはどのような存在なのか

普段コンピューターの話になると、主にハードウェアや事務系のアプリケーションをいかに操るかといった話題になることが多いように感じます。

そんななかでも、ワープロや表計算ソフトについて語られることはあってもデータベースとなると一般的には関心が薄いようです。

私なども、PCの知識は人並み以上にあるつもりですが他人から相談されるのはWindowsの基本操作やMS_Excelについてのことばかりでデータベースの話題はほとんどありません。
世の中PCと言えばExcelのことなのかと少々考えさせられるほどです。

そもそもデータベースとは何なのか?

単にデータベースと言えば、その詳細は知らなくても言葉では聞いたことがある。別に詳しく知ろうとも思わない。

多くの人がデータベースと聞いて感じる印象はそんなものでしょう。

ただし、一度でもデータベースの利便性に気づく場面に遭遇できれば意識は変わるはずです。

コンピュータ関連の用語であることは知っている

データベースという言葉自体を知らないという大人は割と少数派であることは間違いないでしょう。しかし、データベースとは何かと問われたとき正確に答えられる人は多くはありません。

情報関連の用語であることは知っているが、主に何のことを指すのかについては関心がないというのが世間的なデータベースの立ち位置なのは間違いないようです。

データベースの一般的な捉え方

データベースのイメージに似ているお菓子

情報関連のサイトでよく見かけるデータベースを表す図形やアイコンは写真のお菓子のような見た目です。

データを格納しているディスクを重ねたイメージですね。
辞書などによればデータベースとは「情報機器を用いて人が利用しやすい形で整理したデータの集まり」とかそういった表現をしています。

ものによっては「有機的に整理…」とか言われていますが、意味合いを考えれば甚だ無機質なものであるのは間違いないでしょう。

簡単に言うならば、電子的な情報を利用しやすいように整理して格納してるものがデータベースであると言えます。

ポイントは「人が利用しやすいように整えられている」ということです。

表計算ソフトでまとめられたデータは、整理はされていますが万能な用途に整えられているわけではありません。
ある特定の社員や顧客へ分かりやすく綴った特定の情報でしかなく、後々別な用途に使うには補足や修正をともなうもので、そこがデータベースとは異なります。

一方データベースが人へ吐き出すデータは、必要な数値の羅列であったり固有名詞であったりと単純なものが多いです。

これが役立つのはリアルタイムに答えだけが欲しい場合です。
ワープロや表計算に多いグラフなどの補足や解説は二の次な場面ではデータベースを活用した方が便利なわけです。

データベースを知ることで広がる世界

日々繰り返されてきた単純な仕事の記録から、その事象が発生したのは何時だったのか、あるいは収益や支払いがいくらだったのか時刻や数値だけを知りたい場合、あるいは取引の相手が誰だったのかという人の名前だけを瞬時に引き出したいときデータベースシステムが役に立ちます。

ここで私がいくら熱く語っても実際にデータの引き出し方の手法に触れて体験してみないことには理解はしにくいかもしれません。

事実、私もその手の話を同僚にしても関心は持っていただけないのが状況です。

データベースというのは、物を変え形を変えそれ自信が大きな付加価値を持っているとも言えます。
それが、データベースを独自に構築する習慣が世に広まらない原因かもしれません。

多くの会計ソフトや宛名を印刷するために特化した住所管理ソフトなどはデータベースアプリケーションの要素を多く含んでいます。
それらを開発・販売することは大手のソフトウェア会社にとっては利益につながるものです。

そう考えると、特定のノウハウを世に知らすより、そのノウハウを飯の種として利益を捻出した方が業界にとっては美味しい訳であって、それがデータベースが世に広がらない理由かなと勝手に想像してしまいます。

データベースの仕組みは、基本を身につけ順立てて学んでいけば難しいものではありません。
自前でデータベースを構築し利用することで得られる利益を体感できればPCはデータベースを活用するために使うものと考えることができるようになるでしょう。

大げさかもしれませんが、データベースシステムの多様性は表計算の比ではないとさえ思います。

欲しいデータは個人によって異なる

情報化社会といわれ久しい現代ではありますが、未だ情報は個人に特化しているとは言い難いです。

独自の経験や知識を情報として積み重ね自ら利用していくことはデータベースシステムの本来の狙いであると言えることでしょう。

ハードウェアが著しく進化する世界の中で、SQLデータベースというものが古くならないのは、それを活かすことで開ける未来が多く残っているからにほかなりません。

そして、データベースそのものに興味を持ち自ら必要なデータを活かしていくことができれば、その人自身にとって多くの希望を満たしてくれる可能性が広がることでしょう。

正規化された URL:

 

スマホ用データベースアプリ【MementoDatabase】

PCを便利に使いこなすならデータベースアプリを導入すべきというのが私の考えです。

PCではMS-Accessなど有名なソフトウェアがありますが、スマートフォンではどんなのがあるのでしょう。

AndroidアプリMementoDatabase

普段使いしているAndroidOSで調べてみると、すぐ出てくるのが「MementoDatabase」というアプリケーションです。

普通にメメントと読んじゃって良いのかと思います。

スマホ用なので、パソコン用とは違ってデータベースサーバーへの接続はできなく、簡単なカード型データベースと言えるものです。

カード型データベースと聞いてピンとこない方はスマホ(携帯)の連絡先アプリを思い出してもらえると想像できるかと思います。

全データの件名一覧表示と一つのデータの詳細な項目の表示の二つに切り替えできて、一覧からの検索により特定のデータの詳細(連絡先アプリでは電話番号やメールアドレスに相当する多数の情報)を表示してくれるアプリケーションです。

簡単とは言っても、アプリの中身がほとんど英語表記なので英語が分かる人かデータベースの知識が多少ある人でなければ扱いづらいかもしれません。

スマホデータベースの使い道

私がこのMementoDatabaseを使い始めたのは、当サイトを始める少し前だったと記憶していています。もう数年になります。

用途としては簡単なメモを残すのに使っています。

使い始めの頃は持っている書物のタイトルと購入日なんかを入力していましたが、最初だけで今は全くデータを入力していません。

起動後のデータベース選択画面

データベースの選択画面

データのリスト表示

リスト表示画面

データベースアプリでレコードを表示

レコードの表示

今、主な用途にしているのは、趣味の行動履歴みたいなものです。

詳しく触れるのは控えますが、簡単にいうと何時どこに行ったかとかどの店で何を食べたかとか、それに近いものを備忘録的にデータベースとして残しています。

たまに過去のデータを検索して調べたりします。

便利な機能

このアプリの便利な機能としては、データのインポートやエクスポートが出来ること、クラウドとの同期が可能なことです。

クラウドの利用についてはあまり使用したことがない機能なので書きませんが、Googleドライブに置いたデータと同期が出来たりしました。

扱うデータはCSVファイルからのインポートやCSVへのエクスポートも可能なのでCSVファイルをカード形式で見やすく表示したいときにも便利です。

操作性としては、データの編集モードで日付の入力に補助機能があってこれは素早くデータを入力したいときに助かっています。

以上のように特に目立った機能があるわけでもありませんが、データビューア的な用途とかに割り切ればシンプルにできていて、とても良いアプリです。

また、スマホ用なので連結(リレーション)機能はありませんが、いちいちノートPCを取り出したくない外出先での簡易なデータ確認、趣味の範囲でのデータ整理では役立ちそうです。

クロスLANケーブルの作成

パソコンにインストールしたサーバーOSの動作検証のためクロスLANケーブルを使用したりしています。

2台のPCを繋ぐとき、卓上で作業をするとき市販のケーブルだと長すぎ、短いLANケーブルが欲しくなったので自分で作成してみました。

最近のPCだと、ハブを介さないPC同士の接続は自動検出されるとか聞いたことがありますが、自分が扱うのは専ら中古パソコンなので基本になる必要がありそうです。

LANケーブルの加工

市販のLANケーブルをクロスケーブル化するためには、コネクタが付いた片方を短く切り落とし、切断した方の細い信号線の配列を組み直し新しいコネクタを接続するだけで大丈夫のようです。

当記事は、個人で行った作業を記録したものです。ケーブルの加工や作成は専門の資料に基づき自己責任で行ってください

LANケーブルの切断

使用するLANケーブルを好みの長さに切断します。

使用したのはRJ45用の工具ですが、握る側にケーブル切断用の刃が設けられています。

LANケーブルは、新品を使うのはもったいないのでCAT5eの使い古しを使用しました。

片側だけコネクタの付いたケーブル

片方のコネクタは加工せずに、そのまま使用します。

芯線の長さを測って被覆を剥がす

新しくコネクタを付ける側は、ケーブルの外側の被服をはがして中の細い線を出します。

戦端を並べたケーブル

使用する配線パターンに並べてから先端をそろえた方がコネクタの中でも綺麗に揃いそうです。

※参考画像では、ストレートパターンのままです。

配線の組み直し

今回使用したケーブルはT568Bの規格に基づいたケーブルでしたので配線の並びは次の通り。

白橙・橙・白緑・青・白青・緑・白茶・茶

この元の配列に対し、もう片方を次の並びに接続すれば1000Base-T。

白緑・緑・白橙・白茶・茶・橙・青・白青

1000Base-TXにする場合は

白緑・緑・白橙・茶・白茶・橙・白青・青

のように1000Base-Tの並びを4、5番の茶色と白茶、7、8番の青と白青の組み合わせを変えれば1000Base-TXになります。

1000Base-TX並びのコネクタ

画像は1000Base-TXに配線を並べてカシメたコネクタです。

自分で並べ替えたことが分かるように赤で印を付けました。

出来上がったLANケーブル

出来上がったLANケーブル

仕上がったLANケーブルはごらんの通り、15cm~20cmほどの長さで狭い環境でネットワークを検証するにはちょうど良いサイズになりました。

短いストレートケーブルが欲しい場合も、途中で切って元と同じ並びでコネクタをカシメれば自分の環境にピッタリの長さのLANケーブルが作成可能です。

自宅でLANの配線を自分で行うようになると、今回使用したようなRJ-45用のかしめ工具があると便利かもしれません。

アクセスのエラー「#Deleted」の解決

Microsoft社のデータベースアプリケーションからODBC接続でMySQLのデータベースを読み込もうとした際に、目的のデータベースによっては「#Dleted」というエラー文字がフィールド全面または一部のレコードに表示されることがあります。

初めてこのエラーに出くわすと、どういう意味か分からず戸惑ってしまい、ますますAccessが難解なものになってしまいかねません。

ODBC接続で出るAccessのエラーは

Accessの「#Deleted」エラーを解決するに当たって知っておかなければならないのは、Microsoftは「SQLサーバー」という自社製の商品を扱っていて、AccessからのSQL接続は「MS_SQL_Server」を第一に想定していると考えたほうが良いと言うことです。

なので、MySQL(MariaDB)へのODBC接続が安定しないからといって完全な解決には至らないことがあるということを心得ておいた方が、あとあと精神衛生的に良いことでしょう。

以上のことを踏まえた上で今回のエラー「#Deleted」について考えてみます。

データ型の不適合を考える

#DEletedエラーについて調べてみると、このエラーはどうやらMySQLのデータの読み込みに失敗したときに出るものらしいということです。

そこで、ふと思いついたのがサーバー側でデータ型を修正してみるということでした。

flot型をdouble型に変更、あるいはその逆を試してみるなどです。

データベースを扱うに当たっては、初心者を気をくじけさせるほどの多種のデータ型が存在します。

データの保存や運用に問題がなければ、これらの型を類似する型に変更してみることで「#Deleted」エラーを消すことができました。

ほかには、サンプルで作成したテーブルに主キーを設定していなかったために、やはり#Deletedが表示されたというのがありました。

テーブルの連結がなければ主キーは必要ないかと思って作ったサンプルデータでしたが、おかしなところで引っかかった例です。

これはたまたまなのか、主キーがないと出るのかわかりません。

ほかに、ネットで調べてみると#Deletedエラーは「パススルークエリ」を書いて対処するというのがありましたが、まずパススルークエリという用語そのものが不明でしたので対処例そのものをスルーさせていただきました。

MSのSQLでも出るらしい

ところで、この#DeletedはAccessからMS_SQLサーバーへ接続した際にも表示される場合があるようで、この特定の条件をMicrosoft側が仕様上起こる問題として把握しているそうです。

アプリケーション側でODBC呼び出しの際に、SQLサーバーのデータ精度との間に不一致があるとか、そんな感じのエラーのようでした。

今後も、このエラーが発生したときは、こうした情報をヒントにエラーの原因を探ることになりそうです。