MariaDBのインストール【CentOS6.9:ネットブック】

中古のネットブックにDBサーバーを構築している途中ですが、今回は標準のデータベースサーバーでMySQLが採用されているCentOS6へMriaDBをインストールします。

手順としてはyumを使い既存のMySQLを削除し、その後レポジトリファイルを設定後にMariaDBをインストールします。

MySQLの削除

最初に標準で採用されているMySQLをアンインストールします。

# yum remove mysql

ほぼ完全に互換性があるMySQLは削除してしまったほうが安心です。

MariaDBのインストール

最初にレポジトリを設定します。

# rpm --import https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB

GPGキーのインポート

必要なキーをダウンロードするという意味みたいですね。

次に、「mariadb.repo」ファイルを「etc/yum.repos.d/」のフォルダ内へ設置します。

ファイルの内容は次の通りにしました。


[mariadb]
name=MariaSB
baseurl=http://yum.mariadb.org/10.3/centos6-x86
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

次のコマンドを実行しDBサーバーをインストールします。

yumでMariaDBインストール

関連パッケージの一覧

関連パッケージについて確認を求められるのでyを押します。

MariaDBインストールの完了

インストールが済むと「完了しました!」と表示されます。

インストール時になんらかの不具合があると「mysql-libs‥」の置き換えが正常に行われません。

例えば、yum installで「MariaDB-devel」を「MariaDB-deved」と間違えて入力しただけでも上手くいかないどころか、初心者ならOSを再インストールするはめになってしまうことでしょう。

充分注意が必要です。

# /etc/init.d/mysql start

MariaDBの起動

「OK」の下にある4行目の「err」の文字が気になりますが、ただのファイル拡張子のようにも見えますし、そのまま進めることにします。

本当にまずいときは「OK」が「失敗」と表示されることでしょう。

MariaDBの初期設定

CentOS6で行うMaeiaDBの初期設定は、MySQLと同じく次のコマンドを実行します。


# mysql_secure_installation

なお設定項目の詳細について、ここでは割愛します。

MariaDBの初期設定をするコマンド「mysql secure installation」では、rootパスワードの設定や、匿名ユーザー・テストデータベースの削除などの設定が可能になっています。
この後にインストール予定のphpMyAdminへ初回のログインを行う際に、ここで設定したMariaDBのrootパスワードを使用してログインしますが、
データベースのセキュリティに関わる部分であり、未設定のままではパスワード無しの状態になってしまうので適切に設定する必要があります。

ちなみに、ネットの情報でよく見かける「systemctl」コマンドはCentOS6では使えません。

以上で、MariaDBのインストールは完了ですが、このままではSQLを自在に扱うことのできない初心者には手を付けることができません。 そんなわけで、次にはデータベース初心者に便利なphpMyAdminをインストールすることにします。

PHPに続きApacheのインストール【NECネットブックPC-BL300TA6B】

データベースサーバー検証マシンとして導入したNEC製のネットブックPC-BL300TA6BにApacheをインストールします。

Apacheのインストールコマンドを実行

WebサーバーとしてメジャーなApaceは、OSインストール時に標準で入っている場合が多いと思われるので確認作業ということになります。

# yum install httpd

Apacheのインストールコマンドは、apacheではなく「httpd」です。Webサーバーなれていない人には少し違和感を感じるかもしれません。

Apacheインストール済みの画面

せっかくなので、Apacheのバージョンを確認しておくと良いでしょう。

Apacheの動作を確認

先にサービスの自動起動を設定します。

# chkconfig httpd on

これでスタート時にApacheが有効になります。

# chkconfig --list | grep httpd

設定を確認してみましょう。

Apacheの設定状況

コマンド実行後に2番から5番がonになっていることを確認します。

次に動作のチェックに移りますが、この時点で一度PCを再起動しておいたほうが良いでしょう。

PHPも併せてチェック

確認ファイル「phpinfo.php」を「var/www/html/」に作成します。記述の内容は次の通りで簡単です。


<?php
phpinfo();
?>

「phpinfo.php」の作成が終わったら、ブラウザで「http://127.0.0.1/phpinfo.php」にアクセスしてみます。

PHPがインストールできている

PHPの動作を確認

ついでに「http://127.0.0.1/」にアクセスするとApacheの確認が面が表示されるはずです。

Apacheの確認画面

Apacheのインストールを確認

Apacheのテストページは「httpd start」コマンドを使用してもマシンを再起動しなければ表示されない場合があります。

また、OSのインストール(デスクトップかサーバーかなど数種類選べるが数が多いので全部試していません)によっては後からファイヤーウォールの設定で80番ポートを開放させる必要があるようでした。

クライアントPCからの操作をDBアプリケーションのみで行うなら、Apacheは必要ないようにも思いますが、phpMyAdminなどを使用したい場合にはApacheのようなWebサーバーが必須となってきます。

ネットブックPC-BL300TA6BのDBサーバー化手順【PHPインストール】

検証用の端末として手に入れたNECのネットブックPC-BL300TA6Bですが、まずはMariaDBが動くデータベースサーバーとして設定することにします。

LinuxでMariaDBの動作に必要なもの

Webサーバーとして環境を構築するとき、LAMPという用語があるそうです。

LはLinux、AはApache、MがMySQLでPはPHPのことです。

マシンをWebサーバーとして運用するのに必要とされる最もポピュラーな環境がLAMPということになるとのことで、レンタルサーバーでも、多く採用されていてCMSの動作に必要なことでも知られています。

Webアプリケーション開発用の環境と説明している情報も見かけますが、今回はネットワークを介してアクセスできるMariaDB(MySQL)の実行環境として利用します。

最初にPHPをインストール

今回使用するPC-BL300TA6Bは、すでにOSとしてCentOS6.9をインストール済みです。

基本的な導入手順というものが存在するのかもしれませんが、最初にPHPを入れることにしました。

CentOSの「アプリケーション」→「システムツール」から「端末」を実行しコマンド入力画面から次の通り実行します。

# yum install php

2回ほど確認画面が表示されていますが、全て「y」を選択しています。

phpのインストールが完了した画面

それほど時間はかからず、PHPインストールが完了した旨の表示がされます。

あとは、同じ手順でApacheとMySQLを導入することにします。