Raspberry Pi OS Fullをインストール【名称が変わったRasbian】

長いこと放置状態にあったRaspberryPi3_modelBですが、学習環境のシステムを構築し直すことにしました。

選んだOSは、ハードウェアの基本に沿ったRaspbianですが、名称がRaspberry Pi OSに変更になっている模様です。

Rspberry Pi Imagerを使ったインストール

以前、RaspberryPiについて記事に書いたときはCentOS7をインストールしていて、このシングルボードコンピュータには一度もRaspbianをインストールしたことがありません。

今回新規にRaspberryPiOSをインストールするにあたっては、公式ツールであるRaspberry Pi Imagerを使ってインストールしました。

www.raspberrypi.org

前準備として公式サイトからWindows版のRaspberryPiImagerをダウンロードしPCにインストールしています。

RaspberrypiOSインストールソフト起動画面

PCでRaspberry Pi Imagerを起動すると書き込むOSイメージの選択と書き込み先のカードを選択するプルダウンメニューが表示されます。

お薦めはGUIのライト

一番上にお勧めとして表示されていたのは、GUI版のRaspberry Pi Desktop、名称はRaspbianから変更になってます。

GUIのFullを選択

その次のRaspberry Pi OS(other)を辿るとCUIを採用したLiteとGUI(デスクトップ環境で操作可能)のFull版がありました。

今回は、Fullのほうをインストールすることにします。

他には、Ubuntuなどのメニューがありますが、学習環境の構築ならRaspberryPiOSのFullで充分でしょう。

書き込み先のカードを指定

OSを書き込むmicroSDを指定

WRITEを押してメモリカードへの書き込みを開始

WRITEをクリック

書き込みについての確認メッセージ

確認のメッセージが表示されるのでYESを押す

OSイメージを選択して、書き込み先のカードを指定したら右の「WRITE」のボタンを押してマイクロSDへの書き込みを開始します。

OS書き込み中

カードへの書き込み中

ベリファイ中

書き込み後にベリファイが実行

RaspberrypiOSのインストール完了

全ての工程が終了

書き込みが完了すれば、カードをパソコンからRaspberryPiへ移して電源を入れ初期設定を行います。

イメージファイルのダウンロードも可

RaspberryPiImagerを使えば簡単に最新版のRaspberry Pi OSが簡単にインストールできますが、従来通りPCでインストールイメージを自由に選んで書き込むことも可能です。

この記事を執筆時点でCentOS8などもインストール可能ですが、先行きが読めないため様子をみることにしました。

公式のRaspberryPiOSでは2020年12月現在「2020-12-02-raspios-buster-armhf-full.img」というイメージ(zip)がダウンロード可能になっています。

取得したイメージファイルは、その他のOS用インストールディスクを作成するのと同様、SDメモリーカードフォーマッターなどでフォーマット後に、Rufusなどで書き込みが可能で公式のImagerを使った場合と同じようにOSの導入が可能です。

システム情報はどちらのインストール方法でも同じ

なお、2020年12月現在unameコマンドで表示されるシステム情報はどちらのインストール方法でも同じでした(update前の情報)。

当サイトのようにシステムの学習のために、再試行を重ねる課程で気づかない部分でバージョンアップにより中身が変更になってしまうと混乱する原因になるので短期間においてはバージョンを固定した使い方で勉強するのも一つの方法です。

もちろん、閉ざされたネットワーク環境での利用ということにはなります。

Raspberry Pi OSの初期設定

Raspberry Pi OSインストール直後の起動画面

PCでOSのインストールが済めば、RaspberryPi本体にカードを差し込み電源を入れて起動させます。

Welcome to the Raspberry Pi Desktop

最初に「Welcome to the Raspberry Pi Desktop!」と表示されるので「Next」を押して進みます。

国と言語の選択

上にスクロールするとJapanがある。

国と言語を日本に指定

「Set Country」でJapanを選択すると、言語がJapaneseになりタイムゾーンがTokyoに指定されるのでNextを押します。

パスワードの更新

Change Passwordでユーザーパスワードを設定。

Wifiのアクセスポイントを指定

続いて、無線接続を行う場合はSelect WiFi Networkで検出されたアクセスポイントのSSIDを選択。

WiFiパスワードの入力

Enter WiFi PasswordでWifiのパスワードを入力します。

UpdateSoftwareが済めば初期設定が完了

ネットワークの設定が終了するとUpdateSoftwareに移るのでNextをクリックしてソフトウェアを最新に更新させます。

RaspberryPiOS初期設定の完了画面

以上で初期設定が完了です。

整えておきたい環境

セットアップが完了したRaspberryPiOS

初期設定が済んだら日本語環境を別途設定しておいた方が後々便利でしょう。

それから、学習環境として便利なのがスクリーンショットです。これも併せてインストールしました。

最初に日本語環境をインストールします。

$sudo apt install ibus-mozc

再起動させると日本語の入力が可能になります。

続いて、スクリーンショットを入れます。

$sudo apt install gnome-screenshot

これで、メニューからアクセサリーに進むとスクリーンショットが取れます。

以上で環境設定は整いましたので、あとは目的に従い使い込んでいくことになります。

なお、デフォルトはSSH接続が許可されていませんのでベテランの方などはその辺からでしょうか。

スマホ用データベースアプリ【MementoDatabase】

PCを便利に使いこなすならデータベースアプリを導入すべきというのが私の考えです。

PCではMS-Accessなど有名なソフトウェアがありますが、スマートフォンではどんなのがあるのでしょう。

AndroidアプリMementoDatabase

普段使いしているAndroidOSで調べてみると、すぐ出てくるのが「MementoDatabase」というアプリケーションです。

普通にメメントと読んじゃって良いのかと思います。

スマホ用なので、パソコン用とは違ってデータベースサーバーへの接続はできなく、簡単なカード型データベースと言えるものです。

カード型データベースと聞いてピンとこない方はスマホ(携帯)の連絡先アプリを思い出してもらえると想像できるかと思います。

全データの件名一覧表示と一つのデータの詳細な項目の表示の二つに切り替えできて、一覧からの検索により特定のデータの詳細(連絡先アプリでは電話番号やメールアドレスに相当する多数の情報)を表示してくれるアプリケーションです。

簡単とは言っても、アプリの中身がほとんど英語表記なので英語が分かる人かデータベースの知識が多少ある人でなければ扱いづらいかもしれません。

スマホデータベースの使い道

私がこのMementoDatabaseを使い始めたのは、当サイトを始める少し前だったと記憶していています。もう数年になります。

用途としては簡単なメモを残すのに使っています。

使い始めの頃は持っている書物のタイトルと購入日なんかを入力していましたが、最初だけで今は全くデータを入力していません。

起動後のデータベース選択画面

データベースの選択画面

データのリスト表示

リスト表示画面

データベースアプリでレコードを表示

レコードの表示

今、主な用途にしているのは、趣味の行動履歴みたいなものです。

詳しく触れるのは控えますが、簡単にいうと何時どこに行ったかとかどの店で何を食べたかとか、それに近いものを備忘録的にデータベースとして残しています。

たまに過去のデータを検索して調べたりします。

便利な機能

このアプリの便利な機能としては、データのインポートやエクスポートが出来ること、クラウドとの同期が可能なことです。

クラウドの利用についてはあまり使用したことがない機能なので書きませんが、Googleドライブに置いたデータと同期が出来たりしました。

扱うデータはCSVファイルからのインポートやCSVへのエクスポートも可能なのでCSVファイルをカード形式で見やすく表示したいときにも便利です。

操作性としては、データの編集モードで日付の入力に補助機能があってこれは素早くデータを入力したいときに助かっています。

以上のように特に目立った機能があるわけでもありませんが、データビューア的な用途とかに割り切ればシンプルにできていて、とても良いアプリです。

また、スマホ用なので連結(リレーション)機能はありませんが、いちいちノートPCを取り出したくない外出先での簡易なデータ確認、趣味の範囲でのデータ整理では役立ちそうです。

クロスLANケーブルの作成

パソコンにインストールしたサーバーOSの動作検証のためクロスLANケーブルを使用したりしています。

2台のPCを繋ぐとき、卓上で作業をするとき市販のケーブルだと長すぎ、短いLANケーブルが欲しくなったので自分で作成してみました。

最近のPCだと、ハブを介さないPC同士の接続は自動検出されるとか聞いたことがありますが、自分が扱うのは専ら中古パソコンなので基本になる必要がありそうです。

LANケーブルの加工

市販のLANケーブルをクロスケーブル化するためには、コネクタが付いた片方を短く切り落とし、切断した方の細い信号線の配列を組み直し新しいコネクタを接続するだけで大丈夫のようです。

当記事は、個人で行った作業を記録したものです。ケーブルの加工や作成は専門の資料に基づき自己責任で行ってください

LANケーブルの切断

使用するLANケーブルを好みの長さに切断します。

使用したのはRJ45用の工具ですが、握る側にケーブル切断用の刃が設けられています。

LANケーブルは、新品を使うのはもったいないのでCAT5eの使い古しを使用しました。

片側だけコネクタの付いたケーブル

片方のコネクタは加工せずに、そのまま使用します。

芯線の長さを測って被覆を剥がす

新しくコネクタを付ける側は、ケーブルの外側の被服をはがして中の細い線を出します。

戦端を並べたケーブル

使用する配線パターンに並べてから先端をそろえた方がコネクタの中でも綺麗に揃いそうです。

※参考画像では、ストレートパターンのままです。

配線の組み直し

今回使用したケーブルはT568Bの規格に基づいたケーブルでしたので配線の並びは次の通り。

白橙・橙・白緑・青・白青・緑・白茶・茶

この元の配列に対し、もう片方を次の並びに接続すれば1000Base-T。

白緑・緑・白橙・白茶・茶・橙・青・白青

1000Base-TXにする場合は

白緑・緑・白橙・茶・白茶・橙・白青・青

のように1000Base-Tの並びを4、5番の茶色と白茶、7、8番の青と白青の組み合わせを変えれば1000Base-TXになります。

1000Base-TX並びのコネクタ

画像は1000Base-TXに配線を並べてカシメたコネクタです。

自分で並べ替えたことが分かるように赤で印を付けました。

出来上がったLANケーブル

出来上がったLANケーブル

仕上がったLANケーブルはごらんの通り、15cm~20cmほどの長さで狭い環境でネットワークを検証するにはちょうど良いサイズになりました。

短いストレートケーブルが欲しい場合も、途中で切って元と同じ並びでコネクタをカシメれば自分の環境にピッタリの長さのLANケーブルが作成可能です。

自宅でLANの配線を自分で行うようになると、今回使用したようなRJ-45用のかしめ工具があると便利かもしれません。