Linux

CentOSでMariaDB用のポート【3306】を解放

サーバー側で必要な設定とサンプルデータベースの作成が済んだとろこで、クライアントからMariaDBを利用するためのポートを開放する必要があります。使用するポートはMySQLと同じ「3306番」です。PCのブラウザからphpMyAdminを操作するために80番ポートも同…

phpMyAdminをCentOS6_MariaDBへインストール【ネットブックをDBサーバー化】

単純に考えれば、サーバーへDBMSをインストールし動作環境を整備すればデータベースサーバーが完成することになりますが、それは一般ユーザーには取り扱いにくく初心者向けではありません。そこで当サイトで動作検証用として準備してきたネットブックサーバ…

MariaDBのインストール【CentOS6.9:ネットブック】

標準のデータベースサーバーでMySQLが採用されているCentOS6へMriaDBをインストールします。手順としてはyumを使い既存のMySQLを削除し、その後レポジトリファイルを設定後にMariaDBをインストールします。その後の初期設定などは従来のMySQLと同様で問題あ…

PHPに続きApacheのインストール【NECネットブックPC-BL300TA6B】

データベースサーバー検証マシンとして導入したNEC製のネットブックにApacheをインストールします。実際には、OSインストール時に標準で入っている場合が多いと思われるので確認作業ということになります。Apache、PHPともにブラウザからアクセス可能かどう…

ネットブックPC-BL300TA6BのDBサーバー化手順【PHPインストール】

検証用の端末として手に入れたNECのネットブックPC-BL300TA6Bですが、まずはMariaDBが動くデータベースサーバーとして設定することにします。今回は、すでにOSとしてCentOS6.9をインストール済みのPC-BL300TA6BにPHPをインストールしてみます。