Accessのインストールで既存のOfficeが64bitだと表示される

先日、デスクトップのWinodwsPCにMicrosoftのMS-Access2016(32bit)をインストールしようとしたところ、PCにインストール済みのOfficeが64bitだから、それを削除してからAccessをインストールするようにとのメッセージが表示されました。

Accessをインストールしたいパソコンで使用しているOfficeはhome and business 2019です。

32bitなのに64bitが入っている?

Access2016のセットアッププログラムを実行しようとして出てきたのは、次のメッセージ。

エラーメッセージ

Accessインストールのエラー

要するにMS_Officeの64bit版がすでにインストールされているから32bitのAccessをインストールしたいなら64bit版をアンインストールしなければならないとのこと。

しかし、先にインストールされていたOffice2019は64bitではなく32bit版でした。

このメッセージに従い、Office以外の64bitのプログラムを適当にアンインストールしたらパソコンに不具合が出ることが予想されます。

OfficeにAccessを追加する場合の注意

先に確認していた情報で、パソコンにプリインストールされているOfficeにAccessだけを追加インストールする場合、既存のOffice2016にAccess2016は追加インストールできない仕様になっているというのは知っていました。

この情報から推測すると、最新バージョンのOffice2019には一つ前のAccess2016はインストールできなと思われますが、MS_Officeの2016と2019の仕様に大きな変更がないのであれば、Office2019にはAccessの2019と2016の両方がインストール不可能ということになります。

Accessが付属していなかったOffice2019にあとから追加インストールできるAccessのバージョンは2013と解釈できます。

※クイックインストールができないだけで何か特別な手順を踏めば同じバージョンがインストール可能なのかは分かりません。

Access2013をインストール

ためしにAccess2013の32bit版インストールメディアをPCにセットし同じOffice2019がプリインストールされたPCにインストールを試みたところ、あっけなくインストールが完了

どうやら、Office2019がプリインストールされたパソコンにはAccess2016はインストールはインストールできない仕様になっているようです。

今回は、たまたまマイクロソフトのOffice2019が入っていたパソコンへのAccess追加インストールでしたが、自分の場合Word、Excelはあまり使わないのでMS_Accessだけ単発でセットアップする機会の方が多く今回のような事象に出くわすことはないと思われます。

ビジネス向けモデルのパソコンでOfficeのWord、Excelのみが入った端末を使っていてAccessだけを追加したいときなどは今回と同じエラーがでるかもしれません。