JDBCドライバMySQL_Connector_JをLibreOfficeで設定

データベースサーバーへ接続するためのパソコンへLibreOfficeのインストールが済めば、いよいよアプリケーションからMadiaDBへの接続です。

クライアントPCでアプリケーションを実行する前にJDBCドライバをアプリケーションに設定しておくことにします。

CalcでJDBC接続の設定

設定だけの作業はBaseよりCalcを使った方が操作がスムーズで簡単にできます。

この設定はBaseに対してだけでなくLibreOfficeに行う設定と考えた方が理解しやすいでしょう(機能を使うのはBase)。

クラスパスの登録

Calcを起動させたところ

LibreOfficeのCalcを起動させ「ツール」から「オプション」を選択します。

クラスパスの登録画面

オプションの左メニューで「LibreOffice-詳細」を指定し、右の「クラスパス」ボタンをクリックします。
このとき中央にはインストールしたJavaソフトウェアのバージョンが表示されているはずです。

クラスパスの設定のところでは「アーカイブを追加」をクリック。

アーカイブの選択

アーカイブの選択でダウンロードしたMySQLコネクタ(指定したバージョンは5.1.47)を指定して読み込みます。

接続に使うドライバの選択(コネクションプール)

LibreOfficeBaseの接続設定画面

クラスパスの登録が済めば、続いて左メニューから「LibreOfficeBase-接続」を選択します。

接続を保持するにチェック

「ドライバーを使って接続を保持する」にチェックを入れ「‥MySQL.Driver」を指定。

このドライバーで接続を保持する

下の「このドライバーで接続を保持する」にもチェックをして「OK」を押せば設定が完了です。
これで実際に運用してみたところ60秒を過ぎたからといって再度接続パスワードの入力が必要という訳ではないようです。

以上でCalcでの作業は終了です。
この設定が済めばBaseでデータベースへの接続が可能な状態になっているはずです。

JDBCコネクタのバージョンについて

当記事では、サーバーにインストールしているDBMSがMariaDBなので、MariaDBのJDBCコネクタを使用する予定でしたが、最新バージョン(記事執筆時点で2.2がダウンロード可能)ではLibreOfficeBaseから接続できませんでした。

試しにMySQLのコネクタを使い最新バージョン(8.0.12)での接続を試みましたがやはり接続できません。

このことから、MySQLもMariaDBもバージョンが上がればコネクタの仕様が変更になるものと思われます。