MariaDBのインストール【CentOS6.9:ネットブック】

中古のネットブックにDBサーバーを構築している途中ですが、今回は標準のデータベースサーバーでMySQLが採用されているCentOS6へMriaDBをインストールします。

手順としてはyumを使い既存のMySQLを削除し、その後レポジトリファイルを設定後にMariaDBをインストールします。

MySQLの削除

最初に標準で採用されているMySQLをアンインストールします。

# yum remove mysql

ほぼ完全に互換性があるMySQLは削除してしまったほうが安心です。

MariaDBのインストール

最初にレポジトリを設定します。

# rpm --import https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB

GPGキーのインポート

必要なキーをダウンロードするという意味みたいですね。

次に、「mariadb.repo」ファイルを「etc/yum.repos.d/」のフォルダ内へ設置します。

ファイルの内容は次の通りにしました。


[mariadb]
name=MariaSB
baseurl=http://yum.mariadb.org/10.3/centos6-x86
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

次のコマンドを実行しDBサーバーをインストールします。

yumでMariaDBインストール

関連パッケージの一覧

関連パッケージについて確認を求められるのでyを押します。

MariaDBインストールの完了

インストールが済むと「完了しました!」と表示されます。

インストール時になんらかの不具合があると「mysql-libs‥」の置き換えが正常に行われません。

例えば、yum installで「MariaDB-devel」を「MariaDB-deved」と間違えて入力しただけでも上手くいかないどころか、初心者ならOSを再インストールするはめになってしまうことでしょう。

充分注意が必要です。

# /etc/init.d/mysql start

MariaDBの起動

「OK」の下にある4行目の「err」の文字が気になりますが、ただのファイル拡張子のようにも見えますし、そのまま進めることにします。

本当にまずいときは「OK」が「失敗」と表示されることでしょう。

MariaDBの初期設定

CentOS6で行うMaeiaDBの初期設定は、MySQLと同じく次のコマンドを実行します。


# mysql_secure_installation

なお設定項目の詳細について、ここでは割愛します。

ちなみに、ネットの情報でよく見かける「systemctl」コマンドはCentOS6では使えません。

以上で、MariaDBのインストールは完了ですが、このままではSQLを自在に扱うことのできない初心者には手を付けることができません。 そんなわけで、次にはデータベース初心者に便利なphpMyAdminをインストールすることにします。